山口県長門市にある、はるる動物病院

山口県長門市にある、はるる動物病院 犬 猫 獣医師 ペット 治療

山口県長門市にある、はるる動物病院 犬 猫 獣医師 ペット 治療
HOME > 診療案内 > ワクチン

ワクチン・プログラムと定期健診

  • ワクチン・プログラムと定期健診

    ワクチンで予防できる病気は、ぜひ予防しましょう。
    ワクチンのとき、定期健診も受けると病気の早期発見にも繋がります。
    犬の場合ワクチンは、大きくわけて混合ワクチンと狂犬病ワクチン
      の2種類に分かれます。
    猫には3種類の混合ワクチンの他、白血病ワクチン、エイズワクチンなどがあります。

    その子の必要性に応じてワクチンプログラムを考えていきます。

ワクチン・プログラム

混合ワクチンについて

  • ワクチン・プログラム

    犬にも猫にも、命にかかわったり、後遺症が残ったりする怖い伝染病がいくつもあります。犬ではウイルス性(パルボ・ジステンバー・伝染性肝炎・アデノⅡ・パラインフルエンザ・コロナ)と一部の細菌(レプトスピラ)の病気にワクチンが有効です。
    猫では猫伝染性鼻気管炎、カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症というウイルス性の病気に対する基本的な混合ワクチンがあります。

    病気にかかってからでは、手遅れになったり、後遺症が残ったり、助かってもたくさんの費用がかかり、ワンちゃんもネコちゃんもつらい目にあいます。
    社会化期に入院治療が続くと、性格にも悪い影響を及ぼします。
    ワクチンでしっかり予防しましょう。

基本的には、2ヶ月齢から1ヶ月おきに最低2~3回続けて打ち、1年後に追加接種、
以後1(~2)年ごとに追加接種します。

<子犬・子猫のとき複数回、続けて打つ理由>は?

・母親からの移行抗体の量がそれぞれ異なりワクチンを打っても効かない時期があること。
・それがなくなって感染のリスクが高まる時期が隣り合わせで、個体差が大きく予想しにくいこと。
・一回きりのワクチンでは免疫刺激が弱く、十分な免疫状態になりにくいため。
・12~13週齢までは子犬・子猫の免疫器官の発達が不十分で、ワクチンに対する反応が弱い。

このため、同じワクチンを3~4週間の間隔で複数回接種するのです。

狂犬病ワクチンについて

世界的に毎年たくさんの人と動物がこの病気で亡くなっています。
日本では、万一病気が入ってきたことを考え、90日齢を過ぎたすべての飼い犬に、年一回の接種と登録を義務付けています。
迷子になったときや、周囲の人に怪我を負わせるなどの事故が起こったとき、このワクチンが打ってあるか厳しく問われます。
特に海外へ一緒に旅行に行くときは絶対条件です。

狂犬病のワクチンは、混合ワクチンの接種が終わって1ヵ月後、4~5ヶ月齢に接種するといいでしょう。
春に各地区に回ってくる集合注射で打ってもいいのですが、病院で打つこともできます。

猫白血病、猫エイズのワクチンについて

家の外に出かける子、家の中にもうすでに病気にかかっている子がいるご家庭では、白血病やエイズのワクチンを打つ必要のある場合があります。
これらは必要に応じてワクチンを打つ回数や間隔、リスクや費用も異なるので、病院にてご相談ください。

はるる動物病院は9:00~12:00 17:00~19:30の営業です。急患の場合は先にお電話ください。